育毛シャンプーは薄毛対策になるのか

薄毛対策として育毛シャンプーも有名な対策の1つです。

 

結論ら言うと、育毛シャンプー自体に髪の毛を生やしたり抜け毛を止めるような成分は含まれていません。

 

ただし、シャンプーは毎日頭皮と髪の毛を洗う大切なアイテムの1つです。

 

石油系シャンプーのような泡立ちや洗浄力を重視しすぎたシャンプーは過度に頭皮を洗うことでかえってダメージを与えてしまうことはもはやよく知られたところ。

 

アミノ酸系のシャンプーを使いましょう。

 

しかし、アミノ酸系シャンプーもかなりの種類が売られています。

 

男性だけに限らず女性用の育毛シャンプーというのはこのアミノ酸系シャンプーがほとんどです。

 

 

この中で特に重視したほうが良い成分はケラチン。

 

ケラチンはパーマやカラーでダメージを受けた髪の毛を補修してくれる成分です。

 

トリートメントにも含まれていることも多いですがこの成分がしっかりと含まれているものを使用しましょう。

 

 

ただし、前述したように育毛シャンプーには髪の毛を直接生やしていくような効果がある成分は含まれていません。

 

たとえ髪の毛に良い成分が含まれていたとしても、基本的に外から頭皮に良い成分をかけても十分に浸透することはありません。

 

もし髪の毛に良い栄養成分は発毛する成分を届けたいのであればやはり体内から届けるしかないのです。

 

AGAクリニックなどでも育毛剤よりもまずは内服薬とサプリメントを処方されるのはこのようなところからきています。髪の毛は体の中から生成されるものなので体の外からいくら栄養成分をかけてもあまり十分な効果は得られません。

 

やはり中から栄養成分を届ける必要があるのです。

 

そのため、育毛シャンプーにいくら良い成分が入っていようが、髪の毛が生えてくるようなことはないのです。

 

ただし、頭皮環境が良くなることで、髪の毛が生えてくる土台を作ることができます。

 

合わないシャンプーを使うことで頭皮に赤みやフケがあるような悪い状態になってしまうと当然、髪の毛にも悪影響を与えてしまいます。

 

なので、髪の毛を直接生える効果がないとは言ってもちゃんとしたシャンプーを選ぶことは大事なポイントなのです。

 

 

私としては髪の毛を生やしたいのであれば育毛シャンプープラスイクモアのような育毛サプリメントが一番良い組み合わせと考えています。
(もちろん、本当に生やしたいのであればAGAクリニックで薬を処方してもらうのが一番です。)

 

あくまで薬に頼らず育毛をしていくという点では頭皮環境の改善と体の中から髪の毛の栄養を届けることが必要となるでしょう。

トップへ戻る